• ホーム
  • 札幌のお店は迷惑をかけない為にHIV検査を定期的に

札幌のお店は迷惑をかけない為にHIV検査を定期的に

札幌のすすきの周辺は、昔から歓楽街として有名で、キャバクラや風俗店などが軒を連ねています。
札幌の出張に来た人や旅行に来た人が、安心して遊べるように、歓楽街にあるお店では定期的に健康診断の他、HIV検査を行っています。
風俗店で懸念されるのが、性病の感染です。
避妊具をつけての性行為であっても、性病は粘膜接触で感染する可能性が高いのが現状です。
また、性病は感染している本人は、症状が出るまで気づいていないことが多く、知らないうちにお客様に感染させてしまい迷惑をかけてしまうことがあります。
そのため、性病検査だけでなく、HIV検査も定期的に行っています。

クラミジアや淋病は性病として有名ですが、さいきんはそれ以外の性病も蔓延しており、特に10代から20代の若者を中心に、知らないうちに感染していて、それが拡大していたということが増えています。
性病に感染すると、現在のところ完治できる治療薬が見つかっていないエイズウィルスにも感染しやすい状況になってしまいます。
そのため、性病に感染したことが分かったら、すぐにHIV検査を受けることが必要です。

HIV検査は、全国の保健所で受けることができます。
即日検査と通常検査の2種類があり、即日検査はその日のうちに検査結果を知ることができます。
通常検査は検査結果が1~2週間したら出ます。
HIV検査に受けにいくと周囲の目が気になるという人も少なくないため、保健所では無料匿名検査を受けられるシステムと整えています。
保健所の施設によって予約は必要であるところと必要ないところがありますから、事前に調べておくと安心です。
HIVは感染してから4週間後くらいに血液中にHIVの抗体が検出されるので、不安に感じたときは感染したと予想できる1か月後くらいに検査に行くと感染の有無がはっきりします。