• ホーム
  • 格安HIV検査での検査回数を多くすることへの疑問

格安HIV検査での検査回数を多くすることへの疑問

悩む女性

HIV検査キットは、さまざまな会社から販売されています。
海外からの輸入品を販売している会社もあります。
海外製品をわざわざ使う理由は、格安だからのようです。
精度に不安がある場合は、回数を多く受ければよいと考えるケースも見受けられます。
国産品の場合、いずれの会社でも検査は、病院が依頼しているのと同じ登録機関を利用しています。
精度は、病院で検査するのと同等と考えられるわけですが、海外製品の場合は、確認のしようがありません。

HIV感染は、命にかかわる問題です。
早期発見さえできれば、致命的な病気ではなくなっています。
しかし、感染に気づかず放置していれば、必ずエイズを発症し、その予後はあまりよくありません。
検査の正確さは何よりも大事なことです。

価格にこだわるのであれば、保健所で検査をすれば、無料です。
しかも、採血から約30分後には検査結果を知ることも可能です。
格安のHIV検査キットを使って、万が一、感染を見過ごされるようなことにでもなったら、取り返しのつかないことになりますので、検査において大事なのはなんであるかを検討し、価格面を考えるなら保健所で検査を受けるべきです。
保健所によって、細かい点に差はありますが、匿名で検査できることと、無料であることはどこも同じです。
予約が必要かどうか、検査結果は即日でわかるか、一週間後になるか、肝炎の検査も同時にできるかなどは、保健所によって違います。
インターネットで検索すると、各保健所の検査状況はすぐわかります。

匿名であり、検査を受ける場合に住所も電話番号も聞かれることはないため、どこの保健所でも検査できます。
遠くの保健所で検査するにしても、即日結果が出るところを選べば、足を運ぶのは一回で済みます。